樹木葬について

墓友葬

墓友(はかとも)

 

亡くなった後、遺骨はお墓に埋葬されるのが一般的です。これは、法律できちんと決められているためです。ですから、特別の場合を除いては、お墓問題は必ず考えておかなければならない重要な問題です。

 

現在では、生前にお墓を決めておくという人も増えてきました。霊園をいろいろと回るツアーがあったりと、今まではどこかマイナスのイメージがあったお墓問題も、前向きにとらえられることが増えてきました。

 

そして、そのお墓事情も、時代の流れとともに大きく変化してきました。中でも深刻な問題となっているのは、お墓の管理についてです。

 

墓友(はかとも)

 

これまでのお墓の管理といえば、ご先祖様から受け継いだ墓地を、次世代が管理していくというものでした。もちろん埋葬されるのは、その家族のみとなります。ところが、少子化や核家族化などの影響で、後継ぎがお墓を守っていくという事が難しくなってきています。

 

また、生涯未婚という人も増加傾向にあり、ますます深刻化している問題です。そのため、永大供養を考える人も、増えているようです。

 

そんな状況の中、新しいスタイルが話題になっています。「墓友」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、「一緒にお墓に入る友達」という意味なんです。

 

霊園巡りやお墓参りなどの際、お墓を通していろいろなコミュニティがうまれ、「墓友」となるケースが多いようです。お墓に対しての考え方が同じ「墓友」がいれば、一人であるという不安や悩みも、次世代に受け継げないという心配も軽くなっていくかもしれませんね。

 

墓友葬

 

墓友葬(ぼゆうそう)とは、そんな墓友(はかとも)同士を同じお墓に埋葬するということです。

 

そして、このサイトでご紹介している「天空に近い墓友葬 聖地苑」は、ずばり、そんな墓友葬のために用意された霊園。家も違い、宗教が違っても、生前仲の良かったお友達同士が一緒に眠れるお墓です。

 

墓友葬

 

「天空に近い墓友葬 聖地苑」をはじめ、墓友同士で入れるお墓は、永大供養を基本とした共同墓地に埋葬され、その墓地のタイプはさまざですが、今人気の樹木葬型の墓地などをえらばれる方が多いようです。

 

子どもがいない、または子どもたちに面倒をかけたくない、そして未婚の人など、お墓を受け継げない人たちにとっては、この墓友葬は、ちょっと気になるものですね。

 

 

関連ページ

樹木葬とは
樹木葬とはどのようなものでしょう。最近よくテレビなどでも話題になっている樹木葬と最近のお墓事情について。
ホーム RSS購読 サイトマップ